横浜毘沙門天の由来

真照寺の毘沙門天像

bisyamonten02.jpg 横浜毘沙門天でおなじみの、高野山真言宗禅馬山三郷院真照寺は、寿永元年(1182年)に、磯子の領主平子氏によって中興されたと伝わります。

本堂に安置されております毘沙門天像は、横浜市の指定文化財となっております。
(平成20年度、横浜市指定有形文化財(平安時代後期、12世紀前半頃の作))

ひのきの一本造りで、高さは約5尺3寸で迫力のある立派なお姿です。
玉眼造りといい、眼に水晶がはめ込まれているのが特色です。
長く、江戸時代の作とされて来ましたが、一部の学者より異論が上がり、詳細に鑑定された所、寺伝の通り、平安後期の作品であることが認定され、文化財として指定されることになりました。

(写真提供(C)横浜市教育委員会)

平子氏と毘沙門天

bisyamonten01.jpg寺伝によれば、当山の毘沙門天像は、平安時代末期、磯子一帯を支配していた御家人「平子有長(たいらご ありなが)」の発願によるものとされています。
平子氏は、真照寺裏の山の上に居城を構え、持仏として武の神である「毘沙門天」を信仰していました。
平子有長は、建久4年(1193年)、源頼朝の催す富士野の巻狩に参加。
この時、日本三大仇討ちのひとつとして有名な「曽我兄弟の仇討ち事件」に遭遇します。
父のかたき工藤祐経を討ち果たした曽我兄弟は、そのまま源頼朝の陣屋に乱入。その時、最初に立ち向かったのが平子有長であると、吾妻鑑に書かれています。
曽我十朗との立会で深手を負った平子有長でしたが、九死に一生を得、これも日ごろ信仰する毘沙門天のおかげと、毘沙門天像を建立したと伝わります。
その姿は、平子有長本人を模しているとも言います。
これが、現在本堂に祭られている毘沙門天像なのです。



(写真提供(c)横浜市教育委員会)

横浜磯子七福神

横浜磯子七福神は、大正七年に始まったと言われています。太平洋戦争の混乱で一時途絶えていましたが、昭和五十三年、磯子区制五十周年記念事業の一環として、歴史と文化に触れ、体力向上、健康保持にも役立つ約九キロの巡拝コースが整備されました。
ご開帳は毎年元日から一月十五日まで。詳しくはお問い合わせください。

  • 福禄寿「弘誓院」_横浜市南区睦町2−221
  • 寿老人「寶生寺」_横浜市南区堀ノ内町1−68
  • 布袋尊「密蔵院」_横浜市磯子区滝頭3−13−5
  • 大黒天「金剛院」_横浜市磯子区岡村5−3−1
  • 恵比寿「宝積寺」_横浜市磯子区上町7−13
  • 弁財天「金蔵院」_横浜市磯子区磯子4−3−6
  • 毘沙門天「真照寺」(当山です)横浜市磯子区磯子8−14−12

七福神豆知識

七福神めぐりは、江戸時代の中頃に盛んになった行事で、新年に一年間の幸運を願って行われました。
インド、中国、日本の神仏を網羅する、グローバル感覚あふれたイベントと言えるでしょう。
戦後、一時的に衰退しましたが、近年、手軽なレクリエーションとして再び盛んになっています。
伝統ある七福神が復興されるだけでなく、あらたな七福神を構成されるところもあるようです。


お姿とご利益(一例)
毘沙門天:北方の守護神で宝塔をもつ武人の姿であらわされる。富貴繁栄と勇気を授けてくれる。
弁財天:琵琶を弾く女神の姿であらわされることが多い。音楽、芸能や学問のご利益。商売繁盛。
福禄寿:長い頭と長いひげ、杖をもった姿であらわされる。幸福、財産、長寿を兼ね備える。
寿老人:酒好きな赤ら顔の老人姿であらわされる。長寿のご利益がある。
布袋尊:タイコ腹、禿頭、満面の笑顔であらわされる。家内安全、夫婦円満のご利益があるとされる。
大黒様:米俵に乗り、打ち出の小槌を構え、袋を担いだ姿であらわされる。五穀豊穣、商売繁盛、学問上達など。
恵比寿:釣り竿をもち、鯛を抱えた姿。家内安全、家運隆昌、商売繁盛。大黒とペアで祀られることも多い。