寺内ご案内

和光ホール磯子大仏にて護摩祈祷が行われます。

IMG_7196.jpg 和光ホールの磯子大仏様の前で、護摩祈祷を行っております。 毎月28日に修法しておりますので、ご参列ください。護摩木に願文を書き入れたものをご奉納していただくことができます。詳しくは、お問い合わせください。
IMG_7224.jpg
修法しておりますのは、当山副住職、水谷隆寛です。

【タウンニュースに掲載されました】磯子大仏

isogodaibutsu.jpg タウンニュース磯子版の平成28年10月13日号に磯子大仏様のニュースが掲載されました。

タウンニュース

【タイよりお釈迦様像をお迎えいたしました】

平成28年7月12日に、タイよりお迎えしましたお釈迦様像の開眼式を執り行いました。
また、同所に新たに永代供養墓を設置いたしました。

タイ様式のお釈迦様像
001.jpg
当日は、タイ国より高僧・チョウークン師をお招きし、開眼の導師をお願い致しました。

002.jpg
開眼の様子
003.jpg


タイ式の開眼式ののち、日本式の法要を執り行いました。
004.jpg
チョウークン師より仏像をいただきました。
005.jpg
参加僧侶一同
006.jpg
参会者一同
007.jpg

当日は、日本在住のタイ国のみなさま(学術関係者、国際機関在職者他)もお招きし、開眼を祝っていただきました。日本とタイ国の友情、ひいては世界の平和のための一助となりますよう祈念いたします。
また、タイ国は、非常に仏教への信仰の厚い お国柄です。このお釈迦様が、日本で活躍されるタイ国の方々の心の拠り所となりましたら、幸いです。

高野山開創1200年「お砂踏み 仏跡の径」

長い年月をこえて、私たちを見守ってくださる御仏。
0001z.jpg 0002z.jpg 0003z.jpg 0004z.jpg
弘法大師空海が、その身一つで唐に渡り、
0005.jpg
真言密教の神髄をつかんで日本に戻られ、高野山を開かれて今年・平成27年で1200年。
0006.jpg
「虚しく往きて 実(み)ちて帰る」

0007.jpg 高野山奥の院の砂の他、真言宗各派の本山、そして、宗派をこえて伝教大師廟のお砂をお納めする、三つの石。 0008.jpg 「お砂踏み 仏跡の径」は、仏陀が仏教を開かれてから、中国を経て、日本で真言密教が花開くまでの道程を瞬時に歩くことの出来る、日本にも珍しいお砂踏み霊場です。 0009.jpg
ご参拝の皆様に、御利益がありますように。
前のページ 1/4