top of page

弘法大師護摩灰手形

この度、弘法大師様作「弘法大師護摩灰弁財天并十五童子塑像」が当寺へ寄贈されました。


弘法大師様が、天長七年七月七日(西暦830年7月30日)江ノ島弁財天で一万座の護摩修法を行い、その灰で弁財天像を作り、裏面に手形を押して、花押を添えたものです。

レプリカは、世界中にたくさん広まっているのですが、その元となった真作は七枚あると言われ、そのうちの一枚であります。

以前の所蔵者が、平成七年から三年間、神奈川県立歴史博物館に寄託し、調査していただいたこともある、学術上も貴重な存在です。



閲覧数:168回

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page