top of page

真照寺の龍をご紹介



令和6年は辰年です。当寺の境内には、龍にまつわる様々な彫像石像がございます。

周辺の「滝頭」は、龍の住む場所という意味になります。新しい年の開運に、様々な龍にご参拝いただくのも一興かと思います。


■客殿から見える龍と宝船。法要などで客殿をご利用される方だけが見られる龍です。写真で特別に公開いたします。

■降魔の利剣に絡む双龍

■灯籠にも龍

■玉を抱く龍です

■この龍は見つかるかな?

■境内社の三島神社の鳥居

■こちらの龍は水瓶に

■龍がうねる形の切り株

■本堂の欄干

■こんなところにも

■仏画の中にもさりげなく

■「龍驤麟振」勢いが非常に盛んな様子。竜のように勢いよく天に昇り、麒麟のように勇み立つという意味です。千日回峰行者酒井雄哉師の書になります。

■和光磯子納骨堂にも龍が舞います

登竜の図

龍文字による般若心経

般若心経の文字の一筆一筆が、龍になっています。書家・河野斗南氏の手によるものです。

■陶芸家神農巌氏の作品にも特別に龍を入れていただきました。

■和光ホールにも龍画が掛かっていますよ。

■事務所横に掲げている、毎年の干支のリトグラフ

■干支の焼物の御神酒

■可愛い土鈴も干支仕様の龍です。

■御朱印で人気の龍虎のハンコです


閲覧数:143回

最新記事

すべて表示
bottom of page