top of page

三鈷の松をお迎えしました

更新日:3月31日


ペット供養塔の隣に、三鈷の松をお迎えいたしました。


三鈷の松は、弘法大師空海様が唐での修行を終え、帰国するとき、「日本で密教を修めるにふさわしい場所へゆけ」と三鈷杵を投じたところ、高野山で、その枝に引っかかっていた松と言われます。

通常は二又である松の葉が、その名の表すように三又になっているのが特徴で、落ち葉を財布に入れておくと金運に恵まれるとも言います。


ぜひお参りください。



三又に分かれた三鈷の松の葉


上は植え付けの時の様子です。

閲覧数:76回

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page