top of page

「大事なことは何度でもいう」ということ

生まれ生まれ生まれ生まれて生の始めに暗(くら)く

死に死に死に死にて死の終わりに冥(くら)し

『秘蔵宝鑰』


お大師様の名文の中でも、有名さではトップクラスの、このお言葉。

ふつうに書くのでしたら、「生の始めに暗く、死の終わりに冥し」となるでしょう(それでも名文ですが)

「人は生まれてから死ぬまで、無明の中にいる(何も知らない・わからない)」

でも、それだけでは足りない。

「生まれ生まれ生まれ生まれて生の始めに暗く」

「死に死に死に死にて死の終わりに冥し」

生と死が4回も繰り返されて、まさに真っ暗、漆黒の闇であることが、読む人の心に叩きつけられてきます。


一回言ったからわかるだろう、ではなく、大切なことは何度でも何度でも言い続ける。そんなことを思うのです。

閲覧数:10回

最新記事

すべて表示

Commenti


bottom of page